千葉でワキガ治療を受けた私の体験

当サイト管理人は十代のころからワキガのニオイに悩み続けてきました。

ニオイのせいで勉強にも運動にも打ち込めず、ただひたすら「臭くないかな?ニオッてないかな?」と気にする毎日でした。

これまでは汗止め液として有名な塩化アルミニウム液をつかってなんとか誤摩化してきましたが、最近では効かなくなってきました。

どうしようか悩んでいたところ、脇のボトックス注射がワキ汗とニオイを抑える効果があると知って調べてみたのです。

その結果、かなりワキガに対して効果が期待できそうだったので、実際に治療を受けてきました。

注射をしてみた結果、ワキガのニオイと汗を大きく改善することができました。今では制汗剤を使わずに外出できています。

今回はそんな私のボトックス体験レビューをご紹介します。

脇ボトックス注射とは

ボツリヌストキシンという成分が入った製剤で、顔の美容整形などでシワをとるために使われたりしています。

その効果は国内でも認められていて、ボトックス注射を脇に打つことで「汗を出しなさい」という神経からの命令を阻害することができます。

詳しくは、発汗をつかさどる神経伝達物質アセチルコリンの分泌を阻害することで発汗を抑えるメカニズムです。

その結果、ワキ汗が出なくなります。(脇に注射した場合)

調べた中で湘南美容クリニック千葉西口院が最安でおすすめ

私が受診したのは千葉市にある湘南美容クリニック千葉西口院。

千葉市中央区新千葉 1丁目のウェストリオ2の6階にあります。

はじめにクリニックを選ぶために、私が住んでいる千葉市や柏市・船橋市にあるボトックス注射が受けられる主な医院と費用を調べました。

そのなかで最も施術費用が安く、使っている製剤の品質が高かったのが湘南美容クリニック千葉西口院さんでした。

千葉市と柏・船橋周辺のクリニック&治療費

クリニック名施術料金使用製剤名
湘南美容クリニック千葉西口院12,980円〜(最安値)アラガン・リジェノックス
品川美容外科千葉院32,200円〜アラガン
千葉中央美容形成クリニック45,000円ニューロノックス・アラガン
共立美容外科千葉院75,600円アラガン
城本クリニック柏院58,000円アラガン・ゼオミン
船橋中央クリニック40,000円不明
リオラビューティクリニック柏院40,000円不明

治療費の平均額は43,397円で、調べた中では湘南美容クリニックさんが最安値となりました。

 

同じ製剤を使っていても、かなりクリニックによって料金に違いがありますね・・・。

ちなみに湘南美容クリニックさんは柏市にも医院があります。柏市周辺にお住まいの方はそちらが近いですね。

※料金は私が公式サイトなどで調べたものです。変更になる場合がありますので、来院前に各クリニックに確認してください。

湘南美容クリニックは全国に展開している大手メディカルグループ

湘南美容クリニックは、東京を中心に北海道・仙台・福島・新潟・長野・静岡・名古屋・大阪・神戸・京都・広島・岡山・福岡・沖縄と全国各地に57医院を展開している国内最大規模の医療グループです。

ボトックス注射によるワキガ治療ができるクリニックはそれほど多くありませんので、湘南美容外科のように全国展開されていると便利ですね。

来院のまえに無料カウンセリングに申し込み

湘南美容クリニックは完全予約制とのことなので、来院前に予約が必要です。

まず湘南美容クリニックの公式サイトにアクセスして、無料カウンセリングの申し込みをしました。

住所氏名と来院したいクリニック名、日時などを選び、数分で予約が完了しました。

ただ、「ご希望の施術」を選ぶところに脇ボトックスがなかったので、『相談してきめたい』を選んでおきました。※現在は『注射による治療』の項目がありますのでそちらをチェックすることになります。


湘南美容クリニック 千葉西口院

湘南美容外科は全国に57医院を展開している国内最大手のメディカルグループ。 ミラドライやベイザーシェービング法など最新のワキガ多汗症治療の実績も多数。脇ボトックスなら12,960円から施術可能です。

公式サイトで「無料カウンセリング予約」を見てみる


千葉西口院でカウンセリングを受ける

予約を入れた当日に、西口院に来院しました。

受付を終えるとすぐに個室のカウンセリングルームに案内されます。

カウンセリングでは、私の症状を先生に説明し、治療法について詳しく教えていただけます。

様々な治療法がありますが、今回は予定通りボトックス注射を打ってもらうことにしました。

実はワキガと思い込んでいる人の中には、ワキガじゃない人もいるそうです。

きちんと専門の先生に診てもらうのが一番ですね。

ボトックス注射は片ワキ5分。あっという間に施術完了

施術同意書にサインして、さっそくボトックス治療を行います。

言い忘れましたが、前日までに必ずワキ毛の処理をしておく必要があります。

まずは脇の下にマーカーで印を付けていきます。

その後、片ワキずつ注射を20回ほど打っていきます。

湘南美容クリニックさんの注射針は美容外科用の細い針なので、それほど痛みはありません。

他の病院だと、結構痛かったという話も聞いてましたので、痛くなくて良かったです。

どうしても痛みがイヤな人は、麻酔をしてもらうこともできますので、相談してみると良いでしょう。

2日後には汗がピタッと止まる!ボトックスの効果が凄い

ボットックスの効果が現れるのは翌日〜1週間くらいの間ですが、私の場合は2日目には発汗がほとんどなくなりました。

3日目には完全に汗が止まって、ワキガ臭も激減です。

どのくらい効いたかというと、炎天下で過してもワキの下だけ全然汗をかかず、ニオイもしません。全身汗だくになるほど運動しても、普通の制汗スプレーを使えばワキガ臭を抑えられるレベルです。

もはや自分がワキガ持ちであることを完全に忘れてしまいそうです。

脇ボトックスの費用は2万円程度

ワキガの強さや汗の量によって変わるとは思いますが、私の場合は治療に2万円ほどかかりました。

湘南美容外科さんでは米国製の「アラガン」と韓国製の「リジェノックス」から製剤を選ぶことができます。

どちらも実績のある製剤なので効果や安全性では、さほど違いはありません。

「リジェノックス」のほうが安かったので、私はそちらを選びました。特に「安かったので効かなかった」という事はありませんでした。

効果の持続期間は6ヶ月ほど

脇ボトックスの制汗効果は、通常半年ほどだと先生から説明をうけました。

人によって持続期間に違いがあるようですが、私の場合リジェノリックスと相性が良かったのか8ヶ月ほど効果が持続しました。

後遺症もなし!

施術後は特に制限もありません。

運動もできますし、シャワーも浴びれます。

私は当日の夜からお酒を飲みまくりましたが、何の問題もありません。

後遺症などもありませんでした。先生が言われるには、これまで湘南美容外科で脇ボトックスの後遺症が現れた人はいないそうです。

まとめ。ワキガの悩みが解消した

私が治療してみて感じた事をまとめてみます。

  • 入浴後の塩アル塗布がいらないので楽チン。カブれない
  • 外出時もニオイケアしなくていい
  • 汗脇パット・デオドラントなどケア商品を持ち歩かなくていい
  • 人ごみや電車の中でもニオイを気にしなくていい
  • 自分がワキガだということを忘れるww

もう本当に大満足です。

唯一の難点が、最低年1回は注射を打たないといけないので、めんどくさいこと。

確かに病院でワキの下に注射を打つなんて凄く面倒です。でも、その面倒さに見合う以上の効果がありました。

湘南美容クリニックなら、他の病院より50%〜以上安い

湘南美容外科は、リジェノックス製剤による治療を12,960円から受ける事ができます。

これは他の医院と比較しても相当安い治療費です。私がネットで調べた範囲では一番安かったです。

場合によっては10万円とか取られるクリニックもありますからね。

実績のあるクリニックで、信頼性の高いボツリヌストキシン製剤を使っていて、しかも安価。

私はこれからも湘南美容外科をリピートし続けます。

ニオイの悩みは深刻で、私も十数年悩まされてきました。

それがやっと解消されて、とても晴れやかな気分です。

治療を受けてまでニオイ対策をするのか、それは結局本人の決意次第です。

しかし、もしあなたがワキガで悩んでいるのであれば、一度無料カウンセリングを受けてみてください。

というより、ボトックスを試してみてください。たった2万円程度ですし。

現に私自身が、脇ボトックス注射のおかげで、ワキガの悩みから解放されたんですから。


湘南美容クリニック 千葉西口院

湘南美容クリニックは全国に57医院を展開している国内最大手のメディカルグループ。 ミラドライやベイザーシェービング法など最新のワキガ多汗症治療の実績も多数。脇ボトックスなら12,960円から施術可能です。

公式サイトで「無料カウンセリング予約」を見てみる


千葉でワキガ治療が受けられるクリニック

品川美容外科千葉院

住所:千葉県千葉市 中央区新町1000 センシティタワー6F

TEL:0120-815-700

営業時間:10時00分~20時00分

品川美容外科千葉院では、プチ多汗症治療(ボツリヌストキシン注射)、プレミアム超音波サーマル法、超音波ハイブリッド法、とことん超音波ハイブリッド法の中からご自身に合った地用法を選ぶことが出来ます。


千葉中央美容形成クリニック

住所:千葉県 千葉市 中央区 富士見 2 2 3 吉田興業第一ビル 7F

TEL:0120-159-147

営業時間:9時30分~20時00分

千葉中央美容形成クリニックでは、直視下剪除法、イナバ式シェービング法、ボトックス注射などのワキガ治療法を施術可能です。またボトックス注射は注射器を使う方法と、針を使わず痛みが少ないめどジェット注入法から選ぶことが出来ます。


共立美容外科千葉院

住所:千葉県千葉市中央区 新町3−7 高山 ビル 6F

TEL:043-242-8210

営業時間:10時00分~19時00分

共立美容外科千葉院では、超音波+ローラークランプ法、ボトックス注射、ミラドライの中からワキガ治療法をお選びいただけます。ローンを使った分割払いも可能です。


城本クリニック柏院

住所:千葉県柏市旭町1丁目5−4 プラザパスカビル6F

TEL:047-141-5400

営業時間:10時00分~19時00分

城本クリニック柏院では、直視下摘除法(剪除法)ならびにボトックス注射によるワキガ治療を受けることができます。


船橋中央クリニック

住所:千葉県船橋市本町6丁目4−15

TEL:0120-118-242

営業時間:10時00分~19時00分

船橋中央クリニックでは、切らないワキガ治療『ビューホット』とボトックス注射による治療を受けることが出来ます。またビューホットでは、ワキガだけではなくチチガ・スソガ・ケツガなどの治療にも対応しています。


リオラビューティークリニック柏院

住所:千葉県柏市末広町7−2 柏プラザビル 3F

TEL:0120-342-710

営業時間:10時00分~19時00分

リオラビューティクリニック柏院では、クワドラカット法、ミラドライ、ボツリヌストキシン注射の中から施術を選ぶことが出来ます。

 

 

 

 

ワキガ治療の反転剪除法の特徴を解説

剪除法とは昔からある治療法

ワキガは自分がその臭いを気にするだけではなく、周囲の人たちとの関係にも悪い影響を与えてしまう恐れがあるものなので、手術によって根本的な解決を求める人が少なくありません。

そのは手術にはいくつかの方法があるのですが、その中でも最も基本的で、長い間行われ続けているのが剪除法です。

この手術法は、腋の皮膚をメスで切開し、臭いの原因である汗を出す汗腺を取り除いた後に、皮膚の切った部分を縫合するというやり方です。

これは通常一度の手術で治療が完了し、入院の必要は基本的にないものの、メスで皮膚を切るためにダウンタイムが比較的長くなります。

剪除法は保険が使える治療法

ワキガ対策として多くの人が受けている剪除法の大きな特徴は、直接目で見て汗腺を取り除くことにより、嫌な臭いが出る汗を出ないようにする効果が大きいという点です。

そういった特徴はメスで切開するからこそ得られるのですが、それによってデメリットも生じてしまいます。

それは手術痕が目立つこと、そしてそれがずっと残ってしまうということです。

できるだけ痕が目立たないようにと、腋のしわに沿って切開する場合が多いのですが、それでもある程度残ってしまうことは避けられないでしょう。

また痛みが何日か続いたり、ガーゼの交換などのケアが必要だったりもします。

また消臭効果も高く、保険がきくのも特徴です。

剪除法の費用は?

剪除法を受けようと考える場合に、多くの人が気になるのは費用の点でしょう。

剪除法は保険が適用できる場合があるので、その場合だと三万円から五万円程度で済むので、大きな負担をかけずに受けることができます。

しかし、病院によってはそれが適用されないところもありますし、またワキガの程度が本人が気にしているほど重度とは認められない場合には、他の人には適用している病院でも全額負担しなければならないことがあります。

その場合には三十万円程度はかかってしまいますが、適用されない病院でも条件が合えば、モニター価格で通常よりも安く受けられることはあります。

剪除法はどこで受けられるの?

剪除法を受けたいと思った時には、どんな病院でもそれが受けられるというわけではないので、受けられる病院を探すことから始めなければなりません。

剪除法はどこで受けられるかというと、ワキガは皮膚に関する疾患だと言うことで、まずは皮膚科の病院を挙げることになります。

またそれ以外にも、美容整形外科や美容クリニックでも行っているところが多いです。

ただ、剪除法が高い効果が期待できるとは言っても、医師の技術が未熟であれば汗腺を取り除ききることができず、再発してしまうことがあります。

そうならないように、剪除法に関して評判の良い、信頼できる病院を選ぶことが肝心です。

ワキガ・多汗症手術の吸引法を解説

吸引法はこんな治療法

ワキガの治療方法には、マイクロリムーブ法やクワドラカット法というものがありますが、その他にも吸引法というものがあることを知っていますか。

これは、ダイエットなどで行う脂肪吸引をワキガ治療に利用したものです。

具体的には、1センチほど脇を切開して、そこからワキガ治療の管を入れます。

挿入した管によって、アポクリン腺、エクリン腺といった汗を分泌させる汗腺を取り除くのです。

ワキガの原因となる汗腺が減ることで臭いだけでなく、汗の量そのものを減らすことができます。

吸引によって行うワキガ治療は、比較的ダウンタイムが少ないことが特徴です。

吸引法の長所と短所

先ほど記載した通り、吸引法は1センチほどしか脇を切開しません。そのため手術痕ほとんど残すことなく、ダウンタイムが短いのが魅力です。

そんな吸引法の効果ですが、治療してからしばらくは実感することができます。

しかしまれに再発してしまうこともあるのです。汗腺は再生力が強く、完全に除去することは難しいのです。

吸引法はその手軽さから利用する人も多いかもしれませんが、デメリットもあります。

それは吸引という方法を用いるため、汗腺を全て取り除くことができないということです。

完全に取り除けないため、ワキガの再発も高くなるかもしれません。

吸引法の費用はいくらぐらい?

吸引法は手術痕を気にすることなく手軽に受けることができますが、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

吸引法には主に二種類あり、皮下組織吸引法と超音波吸引法があります。皮下組織吸引法は約15万円ほどかかります。

傷痕が残りにくいことから広範囲で治療を行いたい人におすすめです。

一方超音波吸引法では最低でも25万円はかかるでしょう。こちらは保険の適用ができないため、高めの値段になります。

しかしダウンタイムがほとんどなく、再発するリスクも低いのが特徴です。

ワキガをしっかり治したい人は超音波吸引法を選ぶと良いでしょう。

吸引法は美容外科などのクリニックで施術できる

ワキガ治療の吸引法ですが、いったいどこで施術してもらえるのでしょうか。

一般的には、美容整形外科、クリニック、皮膚科で施術が可能です。

しかし保険が適用されるところと適用されないところもあるので注意してください。

特に美容外科では医院によって個性のある施術方法が使われたり、保険の適用も異なります。

しかし美容外科ではカウンセリングをしてから治療するまでの時間が短いことも特徴です。

美容外科以外でも、医院によっては医療ローンを利用することができる場合もあります。

大きなお金がなくても計画的な支払いになるので安心でしょう。

ワキガ治療のミラドライとは?その特徴を解説

ミラドライとはどんな治療法

ワキガ治療にはさまざまな方法がありますが、その一つとしてミラドライがあります。

メスを使用して手術をすることなく、特殊なマイクロ波を照射するという方法で治療が進められることになります。これは、電子レンジも使用されているものであり、水分に的を絞って照射させることができます。

肉と水を電子レンジで加熱した時には、水には早く熱が通ってお湯になるとしても、肉には時間をかけないとなかなか熱が入らないことになります。

この作用を利用して、汗の元となる部分にだけ照射させることになります。そのために、体へのダメージも少なくダウンタイムも軽く済ませることができます。

ミラドライの効果とデメリット

ワキガ治療を手術で解決しようと思うと、治療後にはしばらくガーゼを当てていたりと日常生活にも支障が出てしまい、手術痕が残ってしまったり抜糸の必要もあるのですが、ミラドライであれば肌にマイクロ波を照射するだけなので痕が残る心配はありません。

手術と同じように一回の治療で高い効果を得ることができ、ボトックス注射のように短期間だけの処置ではなく半永久的な持続性があります。

一方、デメリットとなるのは費用の面です。保険適用外の治療でもあるので、全額自己負担となってきます。

しかし、クリニックによっては医療ローンやクレジットカード払いなどの方法も用意されています。

ミラドライの費用は?保険は適用できません

ワキガ治療の中には、せん除法であれば保険適用治療となるのですが、ミラドライとなると適用外となるために高額な費用が負担となってしまいます。

しかし、モニターとして利用をするのであれば、モニター価格として非常にリーズナブルな料金で利用ができます。

どのくらいの自己負担が必要なのかは、モニターの内容によっても違ってきます。

モニターになるということは、インタビューを受けたり感想文を出す、写真を撮られるということにもなるのですが、写真では施術部位だけの場合もあれば顔を出さなければならないこともあります。

顔出しとなると、その分だけより安い料金で提供してもらえることも多いものです。

ミラドライはどこで受けられる?

ワキガ治療は、ボトックス注射で行うのであれば皮膚科でも受けることができるのですが、ミラドライとなると美容皮膚科や美容整形外科で行われていることが多いものです。

しかし、その中でもどのクリニックでもミラドライのマシンを導入しているとは限りません。

全国にはミラドライを導入している病院もたくさんあるのですが、限られた病院だけであるということを理解して、事前にどこに行けばいいのか調べておく必要があります。

また、導入されている病院の中でもより安全で信頼のできる治療ができる病院探しとして、利用者の口コミも参考にしてみるといいでしょう。

自宅でできるワキガ対策をご紹介

家でもできるワキガの対策

日常生活で可能なワキガ対策は、生活習慣を改善していく方法です。

規則正しい生活を毎日続けることが基本であり、特に食生活は意識して整えてください。

脂肪分は摂りすぎないように注意し、野菜をたくさん食べるようにします。

体内に毒素が蓄積するとよくないので、食物繊維を多めに摂取して毒素を排出していきましょう。

毎日の食事が身体を作っていると同時に、体臭の原因にもなっているのです。

あとは入浴をしっかりと行って、汚れを落とすと同時に身体を温めていきましょう。

温めることは代謝の促進につながり、ニオイの原因となる毒素・皮脂の発生を抑えてくれます。

薬での対策(塩化アルミニウム液)

塩化アルミニウム液は多汗症の対策として使用されており、汗を抑えるためワキガにも効果的です。

制汗・殺菌作用があるのが特徴で、汗を抑えることで雑菌繁殖を抑制し、それによってニオイを抑えます。

薬での対策は即効性が高い反面、肌質に合わない可能性もある点はデメリットでしょう。

人によって炎症・かゆみ・かぶれなどが発生する場合があります。

また根本的に改善することはできず、あくまで一時的な対策となる点は覚えておきましょう。

毎日1回は使用する必要があるので、剪除法のように根本的な解決にはなりません。それでも中度くらいのワキガならば、ほとんど気にならないレベルまでニオイを抑えられます。

薬での対策(ミョウバン)

ミョウバンは食品にも使用されている成分であり、人体への安全性は高いです。

昔から殺菌作用が認められ、体臭を抑えるために利用されています。

入浴後に使用することで殺菌・消臭効果を発揮できますし、使用感がサラサラして違和感がまったくありません。

クリームはベタつくので抵抗がある方にとって最適と言えるでしょう。

デメリットは汗で成分が流れやすいことであり、発汗が多い方は何度か塗り直す必要があります。

例えば入浴後に使用し、さらに日中に追加で1回使用するという感じです。

使用前にはキッチンタオルなどで汗を拭き取ってから塗ってください。

薬での対策(デオドラント)

ワキガの解消としてポピュラーな方法は、デオドラントクリームやデオドラントスプレーの使用でしょう。

スプレーは手軽にケアできる方法として人気があり、中度くらいのワキガならほぼ消臭してくれます。

ただし、発汗量が多いと液剤が流れやすい性質があるため、そうした方はクリームを使用するとよいでしょう。

クリームはベタつきが多少あるのがデメリットと言えますが、肌に密着することでスプレーよりも高い消臭効果を発揮してくれます。

塩化アルミニウム液やミョウバンと同じく、入浴後の乾いたワキに使用してください。

濡れた状態で使用すると成分が希釈されて消臭作用が弱くなります。

ワキガ・多汗症とはどんな症状がでるのか?

ワキガ・多汗症の原因と特徴

独特の強い臭いを周囲に放つワキガの症状で悩む人は少なくありません臭いの原因は主に汗です。

人間の体にはアポクリン腺やエクリン腺と呼ばれる汗腺があり、そこから汗が出てきます。

この汗そのものが臭っている場合もあれば、汗をたくさんかいた部分に雑菌が繁殖し、臭いが強くなっていることがあります。

汗は本来臭いが無いものですが、にんにくや動物性たんぱく質など臭いを強くしてしまう食べ物を沢山食べた時などに体臭がきつくなる場合もあるため、自分では気づかないうちに強い体臭を発してしまい、自分では気が付いていない可能性があります。

ワキガの対策法を伝授

ワキガは他人に強い不快感を与えるため、きちんと対策を講じることがエチケットとして求められます。手軽に行えるのは市販されている制汗剤の利用です。

気になる部分の発汗を抑え、商品によっては殺菌効果も得られるため雑菌の繁殖を防ぐ効果も期待できます。季節を問わず毎日使い続けるのがおすすめです。

また自力での対策で効果が得られない場合は専門医による手術を検討するのも良いでしょう。

臭いの原因となる汗腺を取り除くため、悩みを根本から解決することが可能です。美容外科や皮膚科など専門医を受診して相談してみると良いでしょう。

多汗症の原因と特徴

自分の意志と関係なくエクリン腺という汗腺から大量の汗が出てきてしまう多汗症の症状です。

悩んでいる人は男女を問わず多いですが、発汗の原因としては精神的なものと肉体的なものの両面から考えることが出来ます。

精神的なものではプレッシャーや過度のストレスが考えられるため、発汗を気にせずなるべくリラックスすることが何よりも重要です。

肉体的な問題の場合は甲状腺の働きがおかしくなっていたり、糖尿病やリウマチなど隠れた病気になっていることも考えらえるため、一度病院で検査を受けてみるのも良いでしょう。

どうして発汗するのかが判明すれば適切な治療が受けられます。

多汗症の対策法

多汗症の対策として手軽に実践できるのは制汗剤の利用です。

ワキガのように脇に使用するタイプだけでなく、手のひらや足の裏などの部分にも使える万能タイプがあるため、そのような便利なタイプを使えば人目を気にすることなく気になる部分をピンポイントで改善することが出来るでしょう。

また症状が酷い場合には外科的手術を受けるのもおすすめです。

汗の原因となる汗腺を取り除いてしまえば普通の人と同じレベルの発汗に抑えることが出来るでしょう。

自分で出来る対策から実践していき、症状が改善されるか経過を入念に観察するのがおすすめです。

ワキガは手術で治すべきか?デメリットもしっかり把握しよう

ワキガ手術とは

ワキガの対処法として、ワキガ手術という方法がありますが、ワキガを発症するアポクリン線を取り除くことができます。

アポクリン汗腺を取り除くことによって、汗もにおいも分泌されなくなるので、その効果の持続期間は永遠に続くことになります。

新しく汗腺が作られるということはないため、ワキガの悩みを完全に取り除くことができます。それ以外の対処法としては、制汗剤を使う方法がありますが、それな汗やにおいを抑えるためのものですから、効果に限度があります。

毎日、出かけるときに使用しても帰宅するころには効果が薄れていることもあります。

剪除法のメリット・デメリット

剪除法はワキガ手術の1つですが、脇の下を切開して、においの原因となるアポクリン汗腺を取り除いていきます。

そのため、においの根本を取り除くことができるにで、においを抑える効果が高く、汗もかきにくくなりというメリットがあります。

手術は1度だけで終わることができ、日帰りで終わらせることができるので、精神的にも身体的にも負担が軽くなりますし、再発するリスクもほとんどありません。

ただ、デメリットとして、ワキの部分を切開してアポクリン汗腺を取り除いた後、縫うことになるため、手術の痕が残ったり皮膚が引き攣れてしまうということがあります。

吸引法のメリット・デメリット

吸引法は、超音波が出る専用の機械を使って、アポクリンを潰していく方法ですが、皮膚の上から施術を行います。

そのためメスを使って切開することもありませんから、キズが小さくて目立たないというメリットがあります。

日帰りで施術を受けることができるので負担が少なく、短時間で施術が終わります

。デメリットとしては、アポクリン線などの線組織は潰しても再生することが多いので、ワキガが再発してしまう可能性があります。

また、人によってはワキだけでなく、ワキガのにおいを発するアポクリン線は広範囲に発達しているときは、全ての範囲を施術できないことがあります。

ミラドライのメリット・デメリット

ミラドライは、マイクロ波を出す専用の機械をつかって、ワキガの元となるアポクリン汗腺を破壊していくことができます。

メリットとして、マイクロ波をつかって汗腺を潰すので、皮膚を切らなくて良いため施術後が残らないということです。

そして短時間で施術を終えることができるので、負担が少なく日帰りも可能で、効果も半永久的だということです。

ただデメリットとして、施術を行うときに麻酔を行うことが一般的になっているので、施術を受けるクリニックのスキルによっては痛みを感じる場合があります。

そして保険が適用されないので、治療は全て自己負担になることも理解しておく必要があります。

ワキガの手術とはどんな治療をするの?

ワキガ手術は大きく分けると3つある

ワキガでお悩みの方、それが治療することによって治ることをご存知でしょうか。

その方法は「マイクロ波治療法」、「切開法」、「吸引法」の三種類があります。

そもそもワキガの原因は何なのでしょうか。実は脇にあるアポクリン汗腺から出た汗が細菌によって発酵した臭いなのです。

この細菌は常在菌として皮膚にいることから殺菌することはできませんので、このアポクリン汗腺に対して治療を施していく形になります。

しかしどれくらいの費用がかかるのか、自分にあった方法であるのか、事前に知っておきたい方がほとんどだと思います。

そこで治療の詳しいやり方から費用までご紹介をしていきます。

切開法の特徴

代表的な方法反転剪除法というのがあります。

特徴として最も効果の高い方法であり、ワキガの症状が強く他の治療で効果が見込めない人に適しています。

脇下を切開して直接、アポクリン汗腺を目視して取り除いていくため効果が見込めます。

その反面、切開するため傷が目立つというデメリットがあります。

稲葉法は稲葉クリニックで主に行われている方法で、特殊な器具を使って1cmほど切開した部分から皮膚の裏側にある汗腺と腋毛をまとめて取り除くという方法です。

こちらは1cmほどの切開で傷跡は目立ちません。負荷は高く、しばらく固定が必要になります。

費用はどちらとも20万から30万ほどかかります。

保険診療として認められれば5万円程度になることもあります。

吸引法の特徴

吸引法は脇を切ったところからアポクリン汗腺を吸い出すという方法ですが、やり方は病院によって違います。

ローラークランプ法ではローラーとカニューレで皮膚を挟み込み、汗腺を削り取りながら吸引します。

マイクロリムーブ法はマイクロ波によって汗腺を吸い出しやすくし、挿入したカニューレから汗腺を吸い出します。

クワドラカット法はカミソリが先端についた吸引器を使い、汗腺を削りながら吸引する方法です。

特徴はいずれにしても傷口が1cmほどで済み、術後のダウンタイムが切開法と比べ短いことです。

費用は20万から40万円ほどになります。

マイクロ波治療法の特徴

この治療法の特徴は一切、皮膚を切ることなくマイクロ波でアポクリン汗腺を破壊するという点です。

切ることがないため、日常にすぐ復帰することもできます。

やり方は二種類があります。

一つ目のミラドライはもともと機械の名前で、これを使って脇にマイクロ波を照射することでアポクリン汗腺を破壊します。

肌に照射するため、毛根も破壊され毛が生えにくくなるという副次効果も人によってはあるようです。

対してもう一つの方法であるビューホットは切ることはしませんが、ニードル(針)を使って汗腺のある深さまで刺して汗腺のみを破壊することにより、他の細胞を傷つけないという利点があります。

費用は30万円ほどになります。

ワキガ・多汗症の保険がきく治療法を紹介

どんな症状なら保険が適用になるのか

ワキガや多汗症というのは、命に係わる大変な病気というわけではありません。

しかし本人が日常生活を送るうえで、支障をきたすことも少なくありません。

美容目的で行われることが多いワキガ・多汗症の治療ですが、医師の診察の下、保険適応と認められた場合は、手術費用が安く済む場合もあります。これを判断するのは、医師です。

ワキガであれば「臭い」の程度、多汗症であれば「汗の量」となり、これを医師が判断するのです。また、保険適応となるのは剪除法です。

ボトックス注射による治療は保険適応とはなりません。まずは保険診療が可能かどうか確認してから受診するといいでしょう。

保険適用の治療法『剪除法』の特徴とは

剪除法は、ワキガ治療やわきの多汗症に用いられる治療法です。治療効果が最も高いと言われる手術といわれています。

ワキの皮膚を切開し、医師がアポクリン腺などの汗腺を肉眼で確認しながらひとつひとつ除去していくのです。

これを取り残すと、臭いや多汗といった症状は治まらないため、熟練した医師による手術が最も大切と言われています。この手術は、どうしてもワキ下に2~5cmほどの傷が残ってしまいます。

保険が適応されれば片側2万円ほど、しかし保険適応外だと30万円以上の費用がかかります。

傷が残る、保険を使わない場合の治療費が高額といったことはデメリットとも言えるでしょう。

ボトックス注射とはどんな手術?効果やデメリット、費用など

ワキガと同様、ワキの多汗症の場合も同様の治療が行われます。

保険を使わない剪除法は高額であることから、安価なボトックス治療を行う人もいます。

ボトックス注射をワキの下に打つことで、交感神経から発せられる「汗を出す」という信号をブロックするのです。このブロック効果により、過度な発汗を抑える治療法です。

医師が保険適応と認めれば、ボトックス注射も保険が使用できます。

その場合の費用は、年間で3万円ほどとなります。

効き目の持続性が半年程度とも言われており、定期的に再治療を行わなければならないことがデメリットとも言えます。

比較的効果の高い治療法なので、以下の体験レビュー記事を参考にしてみてください。

[sanko href=”http://www.reginasbeautyboutique.com” title=” 千葉でワキガ治療の脇ボトックスを受けてきた【体験レビュー】” site=”関連記事”]

保険が利かないその他の治療法

ワキガや多汗症では、今まで述べた以外の治療法もあります。

多くは保険適応外ですが、切らずに治療する方法もあります。

ワキガの原因となるアポクリン腺や汗の原因となるエクリン腺をマイクロ波で破壊するのがミラドライ治療です。

施術後のダウンタイムがなく、傷跡も残らないことから人気となっています。

また、細い管をいれてアポクリン腺を吸い取る吸引法もあります。

これらは実際に目で見て行う治療ではありませんから、取り残しがあった場合は再施術となります。保険も適応されません。

いろいろな治療法をよく吟味して、信頼できる医師に治療をお願いすることが大切です。

なぜワキガになるのか?自分がワキガかチェックしてみよう

ワキガの原因とは

人間が体温を調節したり、身体の老廃物を排出するのに必要不可欠な汗ですが、厄介なことにワキガの原因としても知られていますよね。

汗腺はアポクリン腺とエクリン腺の2種類ありますが、ワキガに関連しているのは主に前者の方です。

生まれつきこの汗腺が人より多く存在している人は、思春期になると体臭が強くなる傾向が見られます。

アポクリン腺から発生する汗そのものも、本来は無臭なのですが、この汗腺から発生する汗には脂質やアンモニアなどが含まれています。

これらの物質を、脇に元から生息している常在菌が分解することで臭いが発生するという仕組みです。この臭いは、さらに皮脂と絡み合うことで増幅されることになります。

エクリン腺から発生する汗の成分は塩分と水だけで構成されていますが、この汗が蒸発する時に脇から出ている臭いを拡散させてしまいます。

ですから、臭いケアを行うには、双方の汗腺から出る汗の量をコントロールすることが重要なのです。

ワキガのセルフチェック法

日本人の10人に1人はワキガだと言われていますから、ワキガの症状は決して珍しいものではありません。

症状が軽いと臭いを自覚するほどではないので、気になる人はセルフチェックをして、自分もワキガかどうか確かめておきましょう。

チェックポイントは、耳垢がウェットタイプかどうか、脇汗で洋服に黄ばんだシミが出来ることが多いか、脇毛が濃いかどうかなどです。

汗で衣類が黄ばむ人は、たんぱく質や脂質などを含むアポクリン腺から出る汗の量が人より多い、つまりこの汗腺の数が人より多い可能性があるからです。臭いを抑え、拡散させないように普段から制汗パッドや制汗剤を使って対策を取りましょう。

脇に白い粉が付着している人はワキガの可能性が高いことが知られています。

アポクリン腺から出る汗に含まれる分泌物が、結晶化しているからです。

ワキガの3割は遺伝によるものだと考えられているので、親族がわきがの場合は要注意です。

これらの項目が該当する場合は、肉や脂肪の多い食事を避けるなどして、臭いを強めないようにしましょう。