どんな症状なら保険が適用になるのか

ワキガや多汗症というのは、命に係わる大変な病気というわけではありません。

しかし本人が日常生活を送るうえで、支障をきたすことも少なくありません。

美容目的で行われることが多いワキガ・多汗症の治療ですが、医師の診察の下、保険適応と認められた場合は、手術費用が安く済む場合もあります。これを判断するのは、医師です。

ワキガであれば「臭い」の程度、多汗症であれば「汗の量」となり、これを医師が判断するのです。また、保険適応となるのは剪除法です。

ボトックス注射による治療は保険適応とはなりません。まずは保険診療が可能かどうか確認してから受診するといいでしょう。

保険適用の治療法『剪除法』の特徴とは

剪除法は、ワキガ治療やわきの多汗症に用いられる治療法です。治療効果が最も高いと言われる手術といわれています。

ワキの皮膚を切開し、医師がアポクリン腺などの汗腺を肉眼で確認しながらひとつひとつ除去していくのです。

これを取り残すと、臭いや多汗といった症状は治まらないため、熟練した医師による手術が最も大切と言われています。この手術は、どうしてもワキ下に2~5cmほどの傷が残ってしまいます。

保険が適応されれば片側2万円ほど、しかし保険適応外だと30万円以上の費用がかかります。

傷が残る、保険を使わない場合の治療費が高額といったことはデメリットとも言えるでしょう。

ボトックス注射とはどんな手術?効果やデメリット、費用など

ワキガと同様、ワキの多汗症の場合も同様の治療が行われます。

保険を使わない剪除法は高額であることから、安価なボトックス治療を行う人もいます。

ボトックス注射をワキの下に打つことで、交感神経から発せられる「汗を出す」という信号をブロックするのです。このブロック効果により、過度な発汗を抑える治療法です。

医師が保険適応と認めれば、ボトックス注射も保険が使用できます。

その場合の費用は、年間で3万円ほどとなります。

効き目の持続性が半年程度とも言われており、定期的に再治療を行わなければならないことがデメリットとも言えます。

比較的効果の高い治療法なので、以下の体験レビュー記事を参考にしてみてください。

[sanko href=”http://www.reginasbeautyboutique.com” title=” 千葉でワキガ治療の脇ボトックスを受けてきた【体験レビュー】” site=”関連記事”]

保険が利かないその他の治療法

ワキガや多汗症では、今まで述べた以外の治療法もあります。

多くは保険適応外ですが、切らずに治療する方法もあります。

ワキガの原因となるアポクリン腺や汗の原因となるエクリン腺をマイクロ波で破壊するのがミラドライ治療です。

施術後のダウンタイムがなく、傷跡も残らないことから人気となっています。

また、細い管をいれてアポクリン腺を吸い取る吸引法もあります。

これらは実際に目で見て行う治療ではありませんから、取り残しがあった場合は再施術となります。保険も適応されません。

いろいろな治療法をよく吟味して、信頼できる医師に治療をお願いすることが大切です。