ワキガ手術とは

ワキガの対処法として、ワキガ手術という方法がありますが、ワキガを発症するアポクリン線を取り除くことができます。

アポクリン汗腺を取り除くことによって、汗もにおいも分泌されなくなるので、その効果の持続期間は永遠に続くことになります。

新しく汗腺が作られるということはないため、ワキガの悩みを完全に取り除くことができます。それ以外の対処法としては、制汗剤を使う方法がありますが、それな汗やにおいを抑えるためのものですから、効果に限度があります。

毎日、出かけるときに使用しても帰宅するころには効果が薄れていることもあります。

剪除法のメリット・デメリット

剪除法はワキガ手術の1つですが、脇の下を切開して、においの原因となるアポクリン汗腺を取り除いていきます。

そのため、においの根本を取り除くことができるにで、においを抑える効果が高く、汗もかきにくくなりというメリットがあります。

手術は1度だけで終わることができ、日帰りで終わらせることができるので、精神的にも身体的にも負担が軽くなりますし、再発するリスクもほとんどありません。

ただ、デメリットとして、ワキの部分を切開してアポクリン汗腺を取り除いた後、縫うことになるため、手術の痕が残ったり皮膚が引き攣れてしまうということがあります。

吸引法のメリット・デメリット

吸引法は、超音波が出る専用の機械を使って、アポクリンを潰していく方法ですが、皮膚の上から施術を行います。

そのためメスを使って切開することもありませんから、キズが小さくて目立たないというメリットがあります。

日帰りで施術を受けることができるので負担が少なく、短時間で施術が終わります

。デメリットとしては、アポクリン線などの線組織は潰しても再生することが多いので、ワキガが再発してしまう可能性があります。

また、人によってはワキだけでなく、ワキガのにおいを発するアポクリン線は広範囲に発達しているときは、全ての範囲を施術できないことがあります。

ミラドライのメリット・デメリット

ミラドライは、マイクロ波を出す専用の機械をつかって、ワキガの元となるアポクリン汗腺を破壊していくことができます。

メリットとして、マイクロ波をつかって汗腺を潰すので、皮膚を切らなくて良いため施術後が残らないということです。

そして短時間で施術を終えることができるので、負担が少なく日帰りも可能で、効果も半永久的だということです。

ただデメリットとして、施術を行うときに麻酔を行うことが一般的になっているので、施術を受けるクリニックのスキルによっては痛みを感じる場合があります。

そして保険が適用されないので、治療は全て自己負担になることも理解しておく必要があります。