自宅でできるワキガ対策をご紹介

家でもできるワキガの対策

日常生活で可能なワキガ対策は、生活習慣を改善していく方法です。

規則正しい生活を毎日続けることが基本であり、特に食生活は意識して整えてください。

脂肪分は摂りすぎないように注意し、野菜をたくさん食べるようにします。

体内に毒素が蓄積するとよくないので、食物繊維を多めに摂取して毒素を排出していきましょう。

毎日の食事が身体を作っていると同時に、体臭の原因にもなっているのです。

あとは入浴をしっかりと行って、汚れを落とすと同時に身体を温めていきましょう。

温めることは代謝の促進につながり、ニオイの原因となる毒素・皮脂の発生を抑えてくれます。

薬での対策(塩化アルミニウム液)

塩化アルミニウム液は多汗症の対策として使用されており、汗を抑えるためワキガにも効果的です。

制汗・殺菌作用があるのが特徴で、汗を抑えることで雑菌繁殖を抑制し、それによってニオイを抑えます。

薬での対策は即効性が高い反面、肌質に合わない可能性もある点はデメリットでしょう。

人によって炎症・かゆみ・かぶれなどが発生する場合があります。

また根本的に改善することはできず、あくまで一時的な対策となる点は覚えておきましょう。

毎日1回は使用する必要があるので、剪除法のように根本的な解決にはなりません。それでも中度くらいのワキガならば、ほとんど気にならないレベルまでニオイを抑えられます。

薬での対策(ミョウバン)

ミョウバンは食品にも使用されている成分であり、人体への安全性は高いです。

昔から殺菌作用が認められ、体臭を抑えるために利用されています。

入浴後に使用することで殺菌・消臭効果を発揮できますし、使用感がサラサラして違和感がまったくありません。

クリームはベタつくので抵抗がある方にとって最適と言えるでしょう。

デメリットは汗で成分が流れやすいことであり、発汗が多い方は何度か塗り直す必要があります。

例えば入浴後に使用し、さらに日中に追加で1回使用するという感じです。

使用前にはキッチンタオルなどで汗を拭き取ってから塗ってください。

薬での対策(デオドラント)

ワキガの解消としてポピュラーな方法は、デオドラントクリームやデオドラントスプレーの使用でしょう。

スプレーは手軽にケアできる方法として人気があり、中度くらいのワキガならほぼ消臭してくれます。

ただし、発汗量が多いと液剤が流れやすい性質があるため、そうした方はクリームを使用するとよいでしょう。

クリームはベタつきが多少あるのがデメリットと言えますが、肌に密着することでスプレーよりも高い消臭効果を発揮してくれます。

塩化アルミニウム液やミョウバンと同じく、入浴後の乾いたワキに使用してください。

濡れた状態で使用すると成分が希釈されて消臭作用が弱くなります。