ワキガ・多汗症手術の吸引法を解説

吸引法はこんな治療法

ワキガの治療方法には、マイクロリムーブ法やクワドラカット法というものがありますが、その他にも吸引法というものがあることを知っていますか。

これは、ダイエットなどで行う脂肪吸引をワキガ治療に利用したものです。

具体的には、1センチほど脇を切開して、そこからワキガ治療の管を入れます。

挿入した管によって、アポクリン腺、エクリン腺といった汗を分泌させる汗腺を取り除くのです。

ワキガの原因となる汗腺が減ることで臭いだけでなく、汗の量そのものを減らすことができます。

吸引によって行うワキガ治療は、比較的ダウンタイムが少ないことが特徴です。

吸引法の長所と短所

先ほど記載した通り、吸引法は1センチほどしか脇を切開しません。そのため手術痕ほとんど残すことなく、ダウンタイムが短いのが魅力です。

そんな吸引法の効果ですが、治療してからしばらくは実感することができます。

しかしまれに再発してしまうこともあるのです。汗腺は再生力が強く、完全に除去することは難しいのです。

吸引法はその手軽さから利用する人も多いかもしれませんが、デメリットもあります。

それは吸引という方法を用いるため、汗腺を全て取り除くことができないということです。

完全に取り除けないため、ワキガの再発も高くなるかもしれません。

吸引法の費用はいくらぐらい?

吸引法は手術痕を気にすることなく手軽に受けることができますが、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

吸引法には主に二種類あり、皮下組織吸引法と超音波吸引法があります。皮下組織吸引法は約15万円ほどかかります。

傷痕が残りにくいことから広範囲で治療を行いたい人におすすめです。

一方超音波吸引法では最低でも25万円はかかるでしょう。こちらは保険の適用ができないため、高めの値段になります。

しかしダウンタイムがほとんどなく、再発するリスクも低いのが特徴です。

ワキガをしっかり治したい人は超音波吸引法を選ぶと良いでしょう。

吸引法は美容外科などのクリニックで施術できる

ワキガ治療の吸引法ですが、いったいどこで施術してもらえるのでしょうか。

一般的には、美容整形外科、クリニック、皮膚科で施術が可能です。

しかし保険が適用されるところと適用されないところもあるので注意してください。

特に美容外科では医院によって個性のある施術方法が使われたり、保険の適用も異なります。

しかし美容外科ではカウンセリングをしてから治療するまでの時間が短いことも特徴です。

美容外科以外でも、医院によっては医療ローンを利用することができる場合もあります。

大きなお金がなくても計画的な支払いになるので安心でしょう。