ワキガ治療の反転剪除法の特徴を解説

剪除法とは昔からある治療法

ワキガは自分がその臭いを気にするだけではなく、周囲の人たちとの関係にも悪い影響を与えてしまう恐れがあるものなので、手術によって根本的な解決を求める人が少なくありません。

そのは手術にはいくつかの方法があるのですが、その中でも最も基本的で、長い間行われ続けているのが剪除法です。

この手術法は、腋の皮膚をメスで切開し、臭いの原因である汗を出す汗腺を取り除いた後に、皮膚の切った部分を縫合するというやり方です。

これは通常一度の手術で治療が完了し、入院の必要は基本的にないものの、メスで皮膚を切るためにダウンタイムが比較的長くなります。

剪除法は保険が使える治療法

ワキガ対策として多くの人が受けている剪除法の大きな特徴は、直接目で見て汗腺を取り除くことにより、嫌な臭いが出る汗を出ないようにする効果が大きいという点です。

そういった特徴はメスで切開するからこそ得られるのですが、それによってデメリットも生じてしまいます。

それは手術痕が目立つこと、そしてそれがずっと残ってしまうということです。

できるだけ痕が目立たないようにと、腋のしわに沿って切開する場合が多いのですが、それでもある程度残ってしまうことは避けられないでしょう。

また痛みが何日か続いたり、ガーゼの交換などのケアが必要だったりもします。

また消臭効果も高く、保険がきくのも特徴です。

剪除法の費用は?

剪除法を受けようと考える場合に、多くの人が気になるのは費用の点でしょう。

剪除法は保険が適用できる場合があるので、その場合だと三万円から五万円程度で済むので、大きな負担をかけずに受けることができます。

しかし、病院によってはそれが適用されないところもありますし、またワキガの程度が本人が気にしているほど重度とは認められない場合には、他の人には適用している病院でも全額負担しなければならないことがあります。

その場合には三十万円程度はかかってしまいますが、適用されない病院でも条件が合えば、モニター価格で通常よりも安く受けられることはあります。

剪除法はどこで受けられるの?

剪除法を受けたいと思った時には、どんな病院でもそれが受けられるというわけではないので、受けられる病院を探すことから始めなければなりません。

剪除法はどこで受けられるかというと、ワキガは皮膚に関する疾患だと言うことで、まずは皮膚科の病院を挙げることになります。

またそれ以外にも、美容整形外科や美容クリニックでも行っているところが多いです。

ただ、剪除法が高い効果が期待できるとは言っても、医師の技術が未熟であれば汗腺を取り除ききることができず、再発してしまうことがあります。

そうならないように、剪除法に関して評判の良い、信頼できる病院を選ぶことが肝心です。